育て方・Q&A

育て方などご質問の多い項目を表記いたしました。質問事項をクリックしてください。

水やり

育成環境・季節により異なります。
基本的には表面が乾いてから水をタップリ上げれば順調に育ってくれます。
ジョウロで鉢底から水が流れ出るまであげるか、水を張ったバケツに数秒つけるなど鉢中の空気が入れ替わるように行うのがコツ。
※毎回霧吹きで水分を与えるだけなどは良くない。

 ●ワンポイント
春と秋は生長期なので表面がチョット乾いてきたら水を上げるくらいの頻度
冬・夏は表面が乾いてワンテンポ置いて(芯までカラカラにしてはいけない)から水を上げる、また冬は朝夏は夕方に上げると凍ったり蒸れたりしにくいです。

置き場所

元は林などに自生していた植物なので木陰や家の北側などの日陰、明るい室内などに置くと良いでしょう。

弊園では直射日光を寒冷紗(日よけ用の布・販売中)で50~75%ほど遮光して育成しています。

風が強いと葉先が痛むことがあります、特に冬場。

北海道・東北・北陸やその他寒い地域では冬場は室内に取り込む必要が御座います。
弊園(愛知県平野)ですと気温は最低でも-8度程です野外管理が可能です。愛知県の高地(600m程)でもおもとは自生しています。

肥料について

必須ではありませんが施肥していただくと生長がよいです。
油粕主体の発酵肥料が安心です。

春(桜の咲く時期)と秋に数個ずつ上げると良いでしょう。(生育状況により増減が必要なことも)
直径9センチほどのサイズの鉢で中粒を一回に1~2粒ほど。
(弊園販売の臭いの少ない「超醗酵油かす おまかせ 中粒」がお勧め)

※一般の草花のように数十数百と葉や花を茂らせる物と違い、おもとは一年で2~5枚程しか葉を出しません、一般植物向けに調整された化成肥料での管理はお勧めしません。観葉植物用のアンプルタイプの液体肥料も同じくお勧めしません。

植え替えのタイミング

・時期 早春と早秋に行います。
・サイクル 一般の方なら2~3年に一度くらいが普通です。(趣味者では1~2年に一度)

・なぜ植え替えが必要か?
下葉の付け根(緑から白色)と芋(茶色)との境目を万年青の用語で「首」と表現します。

生長期に下葉の付け根を新根が裂き割り伸びてくるのですが、首が地表から見えてしまいますと新根が出た時に乾燥してしまい生長できません。

それを防ぐために、首が見えかかった時が植え替えタイミングの指標になるかと思います。
※見えたとしてもそれが原因で直に枯れるような事は御座いません、夏の植え替えは厳禁です。

20日より先の配達予定日が設定できない

システムの都合上20日より先の配達予定日が選択できませんが選択画面の下のお問い合わせ欄にてご都合のよい日時をお伝えいただけましたら対応いたします。

植物ですので2ヶ月以上先ですと容姿も変わることもありますし事務管理上の理由でお断りすることも御座いますのでその点はご了承ください。

送料はいくら?

例外も御座いますが簡単に説明すると
おもと数点ほどのご注文の場合700円(北海道と沖縄県1000円)
大きな材料等、またそれを含むの場合1000円(北海道と沖縄県1200円)
レターパックに入る材料等の場合510円
一部特大の商品(砂利や水苔の大きいサイズ)は商品代金に送料が含まれておりそれのみなら無料(それのみでの発送になりますので同時注文で他の物まで無料にはなりません)

詳しい説明はご利用案内にて
https://www.houmeien.co.jp/ec/html/help/guide
もしくは特定商取引法に基づく表記を御覧ください

配達日時指定は出来るのか

ヤマト運輸で輸送する場合は基本可能です。
宅急便で発送で振込み入金などのコレクト以外の送金をご選択の場合、システム上配達日時指定が出来ませんが希望日を「お問い合わせ欄」にご記入頂ければ可能な限り対応いたします。

※小型の商品(商品の詳細ページの価格の下の「重さ」の値の合計が99以下のご注文時)の発送の場合メール便やレターパックを使用しますので配達日時の設定は出来ません。

お支払い口座案内 ※簡略版

お支払い方法案内
正式にはHPの下に配置されたリンク先「ご利用案内」にて掲載しております
https://www.houmeien.co.jp/ec/html/help/guide

代金引き換え(宅配便ヤマトコレクトサービス、着払い)、の場合
受注のタイミングにも寄りますが基本的には翌営業日に発送するか指定日時に到着する様にお送りします。
お届けのときに、配達員の方に代金をお支払いください。


銀行振り込み・郵便振替もしくは払込みの場合
ご入金確認後の発送となります。以下に振込先を記載します。

・ゆうちょ銀行 総合口座
 ○ゆうちょ銀行からのお手続きの場合
記号 12100 番号 74048291 名前 ユウゲンガイシャ ホウメイエン

 ○他行からのお手続きの場合
店名 二一八 店番 218 預金種目 普通貯金 口座番号 7404829

・ゆうちょ銀行 振替口座(入金確認までに1週間ほどかかります)
豊明園  00890-4-14721

・銀行送金
三菱東京UFJ銀行 岡崎駅前支店718(普通貯金) 616822 有限会社豊明園


※お勧めの送金方法
上記以外にもヤマト運輸での発送をご希望の場合代金引換も選択いただけます。
手数料は一律350円でヤマト運輸での配送時商品と引き換えにお支払いしていただけますので振込みの手間無く便利です。

メールが届かない(ご注文メール・会員登録メール)

ご注文や会員登録の際ご登録いただいたメールアドレス宛に自動でメールを送信しております。
入力ミスではない場合メールの届かない時はお手元の端末の設定で迷惑メールとして処理されている恐れが御座います。
弊園の使用しているメールアドレスはnet@houmeien.co.jp
     使用ドメインはhoumeien.co.jp

同じドメインで複数のメールアドレスを使用していますのでドメインのほうを迷惑メールから除外するよう設定いただければ幸いです。

また弊園では上記のドメイン以外は使用しておりません、URLの表示に「houmeien.co.jp(使用ドメイン名)」以外のドメイン名が表示されている場合フィッシング詐欺や偽装サイトですご注意ください。

鉢のサイズ表記について

鉢のサイズ表記につきましては基本的に外形 約●●cmと表記しております。
鉢の縁(鉢の最大幅)の外形を測った物です。
蘭鉢等は高さまで表記している物も御座います。

●号数について
規格品の鉢の誤差が出るであろう外寸を1号、2号のように号で表記しております。
古くは1号=1寸として使われていました、現在では慣例で1号=3cmとして使われておりますが、実際は多少の誤差をご了承ください。※①
例)3.2号なら 3.2号×3㎝=9.6㎝ のように外形が9.6㎝を目指して焼き上げた物です。

※①焼き物ですので焼き上がりまでに様々な要因により縮みます、ある程度逆算して製作されておりますが手作業という事もありますしその時々でサイズが安定しません、3.2号をご注文いただいても9.6㎝のように㎜単位での精度要求には応えられませんのでご留意ください。

注文した写真と少し違う?

商品画像より実物のオモトのが生長したものが届きます。
特に春と秋はオモトが生長します、写真を撮った時より日が経過するごとに生長いたしますので商品画像と実物との違いがあらわれやすい時期なのでその点御了承願います。

また、生長に伴い一年に数枚葉を出すのですがそれに伴い数枚葉を落とす性質もございます、下葉のほうは葉先から枯れ込むことがございますが万年青としては正しい在り方ですので下葉からの枯れ込みは自然に任せていただければ問題ありません。
赤く枯れ込むのが気になるようでしたら枯れ込んだ部分をハサミで切っていただければよろしいかと思います。

商品の鉢について

鉢植えの商品は写真の鉢で現品のまま送りしております。

例えばおもとと錦鉢をご注文いただきご購入の錦鉢に植え替えてお送りすることも可能です。調和の取れたサイズや植え替えの時期(植え替えに不適な夏などはお断りすることが御座います。)など御座いますのでその際は事前にお問い合わせよりご相談ください。

コケ巻きについて

※到着時植え替えをなさる玄人向け。苔球ではありません。

近年では鉢植えでの発送が主ですが旧来の苔巻きによる発送も承っております。ご注文の際「お問い合わせ欄」にご記入ください。
その際植わっていた鉢が入用の場合はその旨も合わせてご記入ください。

苔巻き・・・おもとを鉢から抜き用土を落として湿った水苔で根を養生した状態の事。
衝撃や長期保存での苗痛みが少ないので配達に時間がかかり荷扱いもそこそこな時代にはおもとに限らず植物の発送に広く使われていました。

鉢を倒してしまった

こぼれてしまった用土が少なければ、用土を鉢に戻してよく水を上げれば大丈夫です。

鉢底のほうの土まで全てこぼれてしまったら
大粒の用土を底に一層敷き、「おもと」と鉢の正面をあわせて鉢に入れ込み出来れば用土の粒の荒い順に上から3cm分ほど入れ、トントンと鉢を床(鉢が割れない程度に雑巾などを引いた床)に軽く当て振動で根と用土に隙間ができないように用土を流し込みます。
最後に、水を張ったバケツに根元まで沈めるか大量の水を上から掛けよくなじませます。
暑い時期ならば薄日の当る涼しい場所などで1週間以上養生させることをお勧めします。

植わった時、地表より根・芋が完全に見えない深さになるようにする事が肝要で用土を入れてからでは押し付けても深くすることは出来ません、逆にトントンと振動を与えながらおもとを引き上げれば浅くすることは出来るので最後の仕上げまでは深めに入れ込み最後に調整すると良いでしょう。

用土が使えない場合
弊園のHPのカテゴリ 園芸材料→用土 の「混合土」でそろえるか
園芸店で取り扱いのある下の用土にて代用できます
赤玉土・鹿沼土・日向土・桐生土・矢作砂等
※腐葉土やピートモスの入った用土は根ぐされが心配です。

下葉が色が変わった・枯れ始めた

春と秋に新葉を展開しますがその前後に古い葉を落葉します、また夏や冬も少し葉を落とすことがあります。上の葉が丈夫なら問題ありません。
気になるようでしたら変色した部分をハサミで切っていただいても問題ありません。