2620, 海龍楽鉢 外形約10.2cm 亘絵

7,000円 税込

重さ: 2000

数量

大特価

1点限り 
おもと鉢 万年青鉢 オモト鉢

 

徳川家康公が江戸城入城の際に、3鉢の万年青を自らたずさえて入城し、自分の床の間に飾った。
万年青のように、万年、青々と栄えてゆくように、泰平の世が続くよう願ったといわれています。

万年青を自分の家へ、また引っ越し、新築、開業、開院などのプレゼントとして贈る
おもとを贈る方、贈られる方双方に福が来る日本の風習です


鉢の【波】は、永遠によいことが続いていくように、という願いが込められています。万年青の名前が万年、青々と繁栄していく様を万年青というように、非常に縁起良いお祝いの贈り物や新築祝い、記念の品です。

 


楽焼は天正年間(約400年前)に始まる日本独特の焼き物です。
楽焼は《急熱急冷》という特殊な焼成方法をとります。
急熱急冷だから、鉢に細かな 微細な穴ができ、通気を良くしています。

万年青鉢 布施鉢絵付け師 布施覚