中509 錦明鳳(きんめいほう)

通常価格:¥ 18,000 税込

¥ 9,800 税込

重さ: 100

関連カテゴリ

  1. 中葉 薄葉

錦明鳳(きんめいほう)
鉢外形約14㎝ はきずきれ特価 現品限り

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  大正年
登録    昭和 9年
作出者   榊原八曽松(愛知県)
命名者   榊原清一 (東京都)
登録者   日本おもと連合会
『明鳳』の作出者 伊藤林右衛門氏(愛知県)で作出され 大正頃
大正始め水野淳治郎が「明鳳」と名前を付け覆輪の現われた物を
大正8年に覆輪が回り『錦明鳳』と改名された。
葉先は少し丸く一本竜を見せます、波打つ葉に胡麻斑を現す品種。性質は強健で繁殖も良い。胡麻斑の鮮明なものは「桑名性」という。
錦明鳳(きんめいほう)

大正頃の作出、特徴がはっきりしている品種
非常に古く、希少な古代品種
竜、胡麻斑を現す、優美な姿
希少種
 
萬年青の花言葉【長寿・永遠の繁栄】
(長寿) (母性の愛情) (長命) (崇高な精神)
お祝いおもと、新築、開店のお祝い・長寿のお祝い・魔除けに
鎌倉、江戸時代より続く、日本古来の伝統園芸 万年青
根岸の松の歴史
鎌倉時代からの由緒あるおもと
徳川家康がお宮参りをした岡崎 六所神社
おもとの彫刻 久能山東照宮   福岡 英彦山神宮

お祝い・引っ越しおもと
徳川家康公 誕生の地 岡崎にて
おもとの豊明園 HP