実生(21年6月16日)
豊明園の緑

豊明園の外棚 (21年6月5日)
日中の雨は当てて、夜間雨が降る場合ビニールをひき雨を避けて管理します。


おもとの芽 (21年6月6日)
3月4月に芋きりした芽。遮光率60%で管理
水は頭からかけます、弱い木は出てきません。
切り口の表面の色が親木の芋の状態です。
豊明園ではこの芋の色具合をみて、昨年の管理の良し悪しを見ています。

おもとの芽 (21年6月25日)
この1月で芽が大きくなり色付いてきます。
芽出の遅い芋は肥料の蓋をかぶせます。



第1温室 (21年6月25日)
天気の日は毎日の水遣り、雨が降った場合翌日の水遣りになります。
日よはダイオランシルバー50%の遮光率にしてあります。
西面は板をはり午後3時からの日光を遮断します。



第2温室前 (21年6月25日)
日よはダイオラン黒50%の遮光率にしてあります。
この温室のおもとは水苔をのせない培養です。
温室の中も気温が30℃になっています。
おもとは風通しを良くして水管理を気をつければ
38℃までは元気に育ちます。
30℃以上の日が続く場合、おもとを棚下に下げ管理します。


6月豊明園 豊明園の四季
おもと 豊明園 21年6月2