引っ越しおもと
おもと 床かざり
おもとは、めでたい植物、不老長寿の縁起のよい植物といわれています。
慶長11年、徳川家康公が江戸城に入るとき、おもとを
床の間に飾り入城したという古事が広く知られています。
グリーンインテリア
お祝いおもと、新築、開店のお祝い・長寿のお祝い・魔除けに
江戸時代より続く、日本古来の伝統園芸 萬年青
               『天福の霊草、引越しおもと』の由来
   慶弔十一年、徳川家康公が江戸に移られるのに先だって、その居城の
新築を祝して、三河の国長沢村の長嶋長兵衛という故事に倣って三種の
オモトを「天福の霊草」として献上されました。家康公はこれをたいそう喜ば
れて、千代田城に真っ先に持ち込まれ床の間に飾り入城したと伝えられて
います。
その後、家康家が安泰であったことから、陰陽道で建築、転居に「吉」で
あるといわれる「天福日」に「天福の霊草」として万年青が用いられる風習が、
大名、旗本など武家をはじめ全国の町民の間まで広がり、現在もその名残り
をとどめています。
(天福とは天から賜る幸い、天与の幸福、祝事、建築、転居に「吉」であるという)
おもとの豊明園
引っ越しおもと
お祝いおもと
新築・開店のお祝い
豊明園
お祝いおもと
引越しおもと
引っ越しおもと2