オモトの株分け
@ おもと品種 四海波
4年間植替えをしていない状態、発泡スチロール植え。用土は矢作砂大3割・小7割にて植え込みしてありました。
植替えは1〜2年に1度、秋から春までの間に行なえばよいです。
A 1株を取り上げた状態。4年も植替えしていないと根が多くなり根詰まりし易くなる。
B 株分けの仕方、根元が分かるように水洗いする。太い株の根元を握り両手で分ける。根の数や芋具合、痛み具合などを良く観察する。白い根であれば生育良好。
(但し根は用土の色と少し近づいた色になる)
C 根を傷めないように、ほぐすようにして手で株分けする。6株に分けた状態。割り口は白色
(小分けしすぎると生育不良になるので注意が肝心)
D 鉢底に大粒のごろ土を入れた後、おもとは根を広げ据える。
この時、鉢は足を正面に向ける。
おもとの材料コテ・プラ鉢
E 周囲に植付け用土を入れる。
(おもとの首元を左手で持つ)
オモトの用土・矢作砂・朝明砂・材料
F 5割程用土が入った状態。根の隙間に用土が入るように、竹ハシ等で軽くすきこむ。
G のこり4割中の用土をいれる。
後は表土小1割の用土を入れる。
(鉢縁より2〜3cm下げたところまで
             用土を入れる)
H 潅水して植付け完成 4月
I 左の状態から4ヶ月目  8月
葉数も増え腰も張る、
繁殖 植替え
オモトの材料
萬年青の材料
オモト植え込み
おもと割り子