お棚見学
愛知県名古屋市 
   友松眞二様
  
    
       おもと歴     若葉マーク
    好きな品種   旭翠・天光冠・舞子・新生殿
    鉢数              羅紗・薄葉・大葉系・実親
    植替え      年1度 芋を切るおもとだけ2回
       
    農林水産大臣賞を受賞して 
  
      
第33回全国万年青実生展示大会で、日本おもと協会会長賞と農林水産大臣賞
      を戴いて、本当に嬉しく思います。私も万年青を始めて1年あまりで何が何だか
      わからないうちに賞を戴いたという感じでした
       
十代から盆栽、水石、古美術、ラン類、絵画などありとあらゆる趣味を網羅して
      きまして、周りや家族から「物好き」「凝り性」と言われながらも没頭してしまう性格は
      父親似で血統を受け継いだと思います。受賞品は購入物ですが、業者さんや
      緒先輩方の御指導のもとまずは出られる大会は出きるだけ参加して本当に評価
      される物、価値のある物を実感し、眼力を養っていくつもりです。
      最近は実親を徐々に集めながら五年ぐらいの計画で
      作出したもので受賞したいと思っています。
                                      日本おもと実生研究会会報より
左 友松眞二
オモトを見つめる
舞子 2年
覆輪が廻り芸を見せ始める
舞子 3年(左の写真から1年目)
全体に雅糸竜を現し、
覆輪が深くなる。
羅紗獅子実生3年木
羅紗獅子実生4年木
玉楼
至芸いっぱい、どっしりと出来ています
新生殿
葉数も多くどっしり出来上がる

葉姿が美しくゆったり出来上がる
萬寿鳳
胡麻斑で覆輪が深く廻る品種
実生
地肉厚く今年の葉が鋭くなり将来が楽しみな木
実生
葉肉が厚く地肌の面白い木
万年青お棚訪問3