万年青お棚訪問
左 笠原威三氏 
右 高宮園芸 木村宗武氏
品種 紫雲閣
品種 舞子獅子
                      冠松        
 平成11年の秋、長野支部大会に偕楽園芸の桜井さんがいわき市の熊谷善幸さんの千代田羅紗実生を持参されました。早々拝見したところ、福包型で鮮明な白い千代田斑で、一瞬ですばらしいものだと直感し、すぐに譲っていただくようにおねがいしました。帰って親父に話したところ、喜んで是非作ってみたいので桜井さんに頼んでくれとのことでした。翌日その実生を持参して親父に見せたところ、これこそ正に栄松の身代わりだ、本当に天からの授かりものだと大変喜んでくれました。おもとを生きがいと頑張って生きて九二歳。今でも自分の好きな実生であれば入手する意欲は人後に落ちません。
 この実生の命名について親父は色々考えましたが、羅紗千代田の王様ということで「冠松」と付けました。生えの二才で入手しましたので今年で5才になります。葉繰りが良く1年に五〜六枚出ますし、二面甲竜や雅糸竜も見せます。今年は長野で第57回全国大会が行なわれます。完成した木を参考出品して皆さんに観賞していただけばと思います。
 最後に実生家の皆さんの心血を注がれた努力と汗の結晶によって、常におもと界に夢と希望を与えつづけていただいていることに心から敬意と感謝を申し上げます。
               (おもと実生の研究 会報71号より14年8月発行)
               日本万年青実生研究会    年会費5000円
                     第35回 全国万年青実生展示大会
                        とき     平成14年9月8日
                        ところ    岡崎市竜美丘会館
                       大会事務所 豊明園 0564-51-4714
品種 冠松
今年の全国大会参考出品
品種 蘇峰
襟組み良く今年の
秋の作上がりが楽しみ。
品種 天児
丸葉深覆輪
品種 金剛鳳覆輪
昭和48年仕入れ
品種 富貴錦
昭和48年仕入れ現在も
増えづけ、棚の稼ぎ頭。
左 笠原威三    6/26
右 笠原右光 萬年青の御蔭で92歳

       お棚見学                                               長野4

 
    
 長野県中野市
    笠原 威三 様


         おもと歴   36年
    
         好きな品種  新生殿・琴治・富貴錦・
               金剛鳳覆輪・地球宝・夫婦獅子
                 舞子獅子・夫婦獅子
         鉢数     羅紗410鉢 薄葉・大葉200鉢 
         植替え    薄葉・大葉 秋・に植替え 加賀軽石
                              羅紗春に植替え 羅紗朝明砂・軽石混合
   
       プロフィール  日本おもと協会理事
                長野県支部長